そもそもブラック企業ってどんな会社?ブラック企業の定義について調べてみた

現在務めて(退職する人は出所と言われるため)いる会社は、客観的に考えれば世間で言われているブラック企業からするとまだまだマシな状況だとは思います。

しかし、「長時間労働」、「申請できない残業代」、「裁量のない裁量労働制」、「スキルアップの見込みゼロ」、「使い捨て」という環境は、ワークライフバランスを実現したい自分にとってはストレス以外の何物でもなく、個人的にブラック企業だと思っています。

社内では「まだブラック企業と比べるとマシ」、「もっと酷いところはいくらでもある」という言葉をよく耳にするため、ブラック企業だと感じていない社員(主にDTPデザイナー)も多く存在するため、一度、ブラック企業の定義について調べてみることにしました。

ブラック企業(Wikipedia)

広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。

将来設計が立たない賃金(貧困、ワーキングプア)で私生活が崩壊するサービス残業(長時間労働)を強制し、なおかつ若者を「使い捨て」るところに「ブラック」といわれる所以である。

企業側が指揮命令をする際に何のルールも課されない状態、すなわち「労使関係の喪失状態」にあるとする指摘がある。

ブラック企業は大企業よりも中小企業の方が多数を占めている。

出典元:ウィキペディア

若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す」この説明を見ると若者を大量に採用し使いつぶす成長大企業にしか当てはまらないということになりますが、「ブラック企業は大企業よりも中小企業の方が多数を占めている」ともあるので、「若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む」会社はブラック企業と呼んで良さそうですね。

従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」ともありますが、今の会社のように、改善する気はあるようなことを言いながらも、既に何年もの間その取り組みが見えず、状況が酷くなっているような企業も私はブラック企業だと思います。

 

ブラック企業(Weblio 辞書)

一般的に、労働法の規定する範囲を逸脱したような劣悪な勤務環境や過酷な労働を強いる企業の総称。

一般的には、「ブラック企業」について明確な定義があるわけではない。典型的なブラック企業の特徴に挙げられる要素として、サービス残業や休日を返上しての作業は当然という考え方、上意下達で朝令暮改の体制、パワハラ、従業員の心身の健康に対する配慮の低さ、などが挙げられることが多い。労働環境が劣悪であるため、短期間での離職率が高いなどの傾向もあるとされる。

出展元:Weblio 辞書

労働法の規定する範囲を逸脱した」「サービス残業や休日を返上しての作業は当然という考え方」「従業員の心身の健康に対する配慮の低さ」「短期間での離職率が高い」。

この辺りはまさに今の会社に言えることですね。30人くらいの部署ですが、既に今期は5人辞めてます。あと4ヶ月で2人ほど辞めそうなきも。

サービス残業や休日を返上しての作業は当然という考え方」は今の会社の場合、そもそもサービス残業前提の運営方針ですからね。休日は返上ではなく、案件のためなら残業/休日出社は当たり前、残業しない/休日出社しないなんて選択肢はそもそもありません。

 

「ブラック企業」ってどんな会社なの?(厚生労働省)

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。
このような企業に就職してしまった場合の対応としては、第一義的には会社に対して問題点の改善を求めていくことが考えられます。しかしながら、新入社員が単独で会社に問題点の改善を求めて交渉等をするのは現実的には非常に難しいと考えられます。したがって、問題点に応じて、外部の関係機関や労働組合に相談することも有効な手段と考えられます。

出典元:確かめよう労働条件:労働条件に関する総合情報サイト

極端な長時間労働やノルマ」、「コンプライアンス意識が低い」は人によってとらえ方が変わってくるとは思いますが、「賃金不払残業」はブラック企業と呼んで良さそうですね。

ただ、今の会社の場合、申請すれば残業代がでないことはないのですが、その申請そのものがし辛い(反乱分子とみなされる)という状況なのですが、この場合「賃金不払残業」にあたるか後日調べてみます。

 

まだまだブラック企業についての情報は探せばありますが、一言でいう

 

労働者 < 使用者

 

となっていて、ブラック企業とは労働者が不当に搾取され続ける環境にある会社ということではないでしょうか。

労働者は労働力や時間を売ることで賃金を得るわけで、これが正当に支払われないとなると、その会社はブラック企業と呼ばれても致し方ないのではないかと思います。

仮に、今の会社で労働時間に対して正当な賃金が支払われているのであれば、ブラック企業だとは思わないでしょうし。

冷静に考えれば、ずっと搾取され続けていた訳ですね。

そしてここから脱出しない限り、搾取され続ける人生が続くと。。。