悪い事ばかりじゃない!?ブラック企業にもメリットはある

限りなくブラックに近いグレー会社に勤める坊主です。

日々、愚痴とため息が溢れかえる日常を過ごしていますが、何事も気持ちが大事!ということで、明るい未来を夢見て、前向きな考えを少しずつ持っていければと思い、今の会社でも得られるメリットを捻り出してみることにしました。

 

ネットで少し調べてみたところ

  • ストレスに強くなる
  • 体力的に強くなる
  • 精神的に強くなる
  • 経験値アップ
  • 残業が苦にならない

 

などのメリットがあるようなのですが、個人的には体力は元々あるので「体力的に強くなる」は当てはまらず、逆に不規則な生活のため免疫が低下してよく体調を崩すことが増えました。

 

「ストレスや精神的に強くなる」ということもなく、耐え切れなくなったものは去っていくのみで、元々耐えれる素質のあるものだけが残っているという感じでしょうか。
現に今の会社では鬱のような状態になって退職したり、休職した人も何にかいます。

ストレス/精神的に強くなるというより、家族があるため何としてでも生活費を稼がないといけないという責任感(会社に対してではなく)は強くなったと思いますが、これはブラック企業かどうかは関係ないです。

 

「経験値アップ」ですが、これは業界によって異なると思いますが、私のいるWeb業界はドックイヤーと呼ばれるほど技術の進化が早く、少し勉強を怠ると直ぐに取り残されるという状況下においては、勉強する時間も気力も起きないため、経験値アップどころかどんどん世間の水準から取り残されるといったことが起きています。

また、「そんな技術を習得している暇があったらさっさと案件終わらせて売上を上げろ!」という状況下においては、Web業界の水準がどんどん上がるいるので、むしろマイナスです。

 

「残業が苦にならない」。この悟りの境地にはまだ私は達することが出来ていません。残業代もスキルアップもできない中で、命とプライベートの時間をすり減らすして働く残業は嫌で嫌で仕方ないです。本当にこんな状況下でも苦にならない人はいるのでしょうか?そんな人はそもそもブラック企業だとも思ってない気がします。

 

こうなってくるともはやメリットなんて存在しないと思うかもしれませんが、安心してください!!
ちゃんとありますよ、ブラック企業ならではのメリットが(今の会社にしか当てはまらないかもしれませんが)。

 

誰も仕事を断らない

技術的にどうしても難しいことは会社から文句を言われながらも(利益が減るため)取引のある外注さんに仕事をお願いします。
そんな時によく言われるのが

そのスケジュールですとリソースが確保できないのでお受けできません(キッパリ)

言ってみたい、このセリフ。

しかし安心してください。ブラック企業の場合、社内の案件依頼は少しだけ嫌な顔をされますが、誰も断ることはしません。
通常4日かかるようなボリュームかつ、例え他の案件があったとしても3日もあれば徹夜でも休日出勤でもなんでもしてスケジュール通りに仕上げてくれます。

 

廃人になるまでの過程をまじかで見れる

入社直後は輝いた目で業務内容の効率化やもっと楽しく仕事ができるための職場環境の改善などを提案していたような人でも、日を追うごとに輝きが消え、半年過ぎた辺りから、どんどんとモヤモヤとした暗闇に覆いつくされていきます。
そして一年後には死んだ魚のような目に変わります。

服装もどんどん黒っぽいものに変化していき、廃人の出来上がり。

この過程をまじかでリアルタイムで見ることができます。普通に働いていると中々できない経験ですよね!

 

「精神と時の部屋 リアル」を体験できる

精神と時の部屋というのはドラゴンボールで有名な、精神と時の部屋の1年が外では1日しか経ってないという不思議な架空の部屋です。
それをなんとリアルに経験することが可能なのです!

とはいえ、1年=1日とはいきませんが、12時間=8時間なんてのは当たり前で、調子がいい時には24時間=8時間なんていうのも経験可能です。

しかし、精神と時の部屋に居てたことに気付くのは後になってから。給料の明細が手渡された時に気付くことになります。

 

会社以外の人が同情してくれる

クライアントの人に平均的な退社時間を教えると大抵、「え~~~っ!!」という言葉が返ってきます。

その後は、「体大丈夫ですか?」とか「この案件、そんなに急ぎじゃないの無理しないでください」とか、「それは絶対におかしいですよ!」とか、色々な人が同情してくれます。ちょっとした人の優しさに気付くことができるのもブラック企業ならではの特典です。

 

まとめ

どうですか? あなたの固定概念が崩れる音が聞こえませんか?
非現実的な世界を体験したい方は是非ブラック企業の門を叩いて下さい。

ブラック企業への入社の壁は高くありませんので、今すぐ行動です!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です