ブラック企業だなと改めて感じる社長/上司/同僚の名言集①

ホワイト企業で働く上流階級の方々には馴染みのないものから、それマジでいってるのか!?と思うような言葉がブラック企業ではよく発せられています。

もう慣れてしまったものから、今でもそれはまずいだろうと思うものまで、これまで記憶に残っているセリフをブラック企業に飲み込まれてしまう前にまとめておきたいと思います。

 

クラック版でなんとかならないの?

はい、これ完全にアウトですね。違法ですよ違法。
まだ言うだけならいいのですが・・・ 後は想像にお任せします。

 

夜(だいたい21時ごろ)に打ち合わせのスケジュール入れてるから。

このセリフは完全に慣れてしまいまいました。
大体夕方頃に言われるのですが、この時間は居てることが当たり前のため、今では何の違和感もなく従っています。

 

明日(休日)は全員出社です。

この命令は何の前触れもなく突然発動されます。選択の余地はありません、なぜなら命令だからです。相談ではありません。
「嫌だとは思うけど、誰か出てくれないかな」ではありません。「出社しろ!」です。しかも全員。

もうね、本当にアホかと。

 

毎月ちゃんと遅れずに給料が支払わるだけでありがたいと思うべきです。

仏のような顔でこのセリフを言う同僚がいます。
彼とは一生分かり合えないことだけは分かっています。

 

うちの定時は21時。

本当にビックリです。うちの定時は23時なのに何を寝ぼけたことを言っているのでしょうか。
定時が21時なんてどんな優良企業でしょうか。是非転職したいですね。

うちの定時は18時半です。。。

 

うちは裁量労働制だから。

そうです、うちは裁量労働制だから残業代は出ません。
そして9時半~19時半までの9時間労働(1時間休憩は除く)です。なぜならみなし労働時間を9時間にしているからです。遅刻した者は有給申請してください。19時半までに退社する場合も有給申請してください。なんせうちは裁量労働制だからです。

こんなことを上層部は真顔でいいます。

いや~、裁量労働制って素敵ですね~~。

 

うちの社員はみんな仕事好きだから。

たまたま夜に会社を訪れたクライアントさんに、「皆さん、こんな遅いのに帰らないんですか?」と質問されることがあります。
21時くらいでも言われます。21時なんてまだ後2時間は余裕で仕事できますよ!

その時に社長や上司がよく使う言葉です。

みんな仕事が好きで、好き好んで残業していたとは、本当に驚きです。
同僚から仕事が好きだからいつも遅くまで残ってるなんてひと言も聞いたことありませんが。

本当に今すぐ潰れて欲しい、こんな会社。

 

前の会社よりマシ

これは何人かの同僚が口にする言葉です。このような猛者が居る限り、今の環境が改善されることはないでしょう。

寝袋が支給されてたとか、給料が遅れるなんて当たり前とか、週一で徹夜してたとか、武勇伝のオンパレードです。

こんな話を聞いていると、今の状況ですら嫌だと思う自分の考えが甘いのかと、一瞬分からなくなってしまいますが、ここは気をしっかり持っていきたいと思います。

 

まとめ

このように、ブラック企業では普通では頭がイカれていると思われてしまうような発言を平気でする人たちが何人かいます。
そして、その発言がまるで正しいかのように。

どっぷり浸かってしまうと善悪の判断すらできなるなるのがブラック企業です。

僕は周りの知り合いに会社の話をする度に、総突込みで「それおかしいやろ!?」と言ってもらえてますので、まだ正常を保っていれますが、ここに書いている言葉に特に疑問を抱かない境地まで達してしまっている人は一度、俯瞰的に会社を見る機会を設けてみてください。