iQOS(アイコス)とPloomTECH(プルームテック)を比較してみた

何度も禁煙に挑戦しながらも失敗を繰り返している坊主です。

今の会社に入ってからどんどん血圧が上がっていき、今では高血圧の薬を飲んでいても上が150にしかならず、そろそろ本気で禁煙をしないといけない状況ですが、未だに禁煙できず。

タバコの臭いは元々嫌いなため、臭いの少ない電子タバコに手を出してしまうと、もう二度と禁煙できないと思い、ずっと手を出さずにいたのですが、気づけばiQOSとPloomTECHの二台持ちという、本当に自分でもこのクズっぷりに絶望を感じます。

とはいえ、買ってしまったものは使わないと損なので、iQOS(アイコス)とPloomTECH(プルームテック)をそれぞれ使ってみた感想をまとめたいと思います。

 

iQOS(アイコス)

メリット

  • ヒートテクノロジーで加熱するため、味がタバコに近い
  • フィルターがタバコ取扱店で買える
  • タバコほど臭くない

デメリット

  • 加熱プレートの周りにカスが付くので掃除が必要
  • タバコほど臭くはないが、非喫煙者には不快な臭いがする
  • 1本吸うと充電する必要があり、連続して吸えない
  • 独特な化学薬品のような臭さが口に残る
  • フィルターと本体(デカい)の2つが必要でかさばる

 

PloomTECH(プルームテック)

メリット

  • ほぼ無臭
  • 連続して吸える(約50吸い)
  • 小さい(軽い)

デメリット

  • 1カプセルで50吸いできるが、この50吸いが分かりづらい
    ※50吸いした時点で本体の先のLEDが12回点滅しますが、これが分かりづらい
  • iQOSに比べて吸った感じが軽い
  • カプセルがネットでしか買えない
  • 本体が手に入りづらい

 

まとめ

今のところはiQOSメインで吸っていて、個人的には味もiQOSの方がいいのですが、タバコほど臭いはしないとはいえ、非喫煙者は確実に嫌悪感を示すと思う(喫煙者の自分でも他人のiQOSの臭いは嫌なので)ので、PloomTECHの刺激がもう少し強くなってくれれば、完全にPloomTECHに移行したいといったところです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です