正しく運用されない「裁量労働制」の害

そもそも裁量労働制とは、実際の労働時間に関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間(8時間と定める会社が多い)だけ働いたと見なし、労働者の裁量で自由に働くことができる制度です。

その為、与えられた仕事が例え3時間で終わって退社しようとも、協定で定めた時間働いたものとみなされるため、労働時間が短いからといって給料が減ることはありません。

逆に与えられた仕事に10時間掛かったとしても、労働時間は協定で定めた時間(多くの場合8時間)になるため、残業の支払いはありません。

 

ただ、どれだけ働いても一切残業代が支払われないかというとそういう訳ではなく、

  • みなし労働時間が8時間を超えるように設定した場合
  • 深夜時間帯に労働した場合
  • 法定休日に労働した場合

については残業の支払い対象になります。

 

これだけ聞くと、労働者にとっては時間の融通が利くというメリットがあるように思えます。
その他にも、早く終わらせれば早く帰れるためモチベーションアップに繋がったり、仕事を効率化させようと普段何気なく行っている業務に対しての意識が変わるなどのメリットが考えられます。

 

しかし、それはあくまで正しく運用されている場合のみ。

 

ブラック企業においての裁量労働制は労働者にとってデメリットしかありません(今の会社だけかもしれませんが)。

 

今日はこの裁量労働制という恐ろし社畜量産制度によって実際に受けている被害についてまとめたいと思います。

ブラック企業における裁量労働制の害

時間の融通は全く利かない

先に言っておきます。今の会社は専門型裁量労働制です。
しかし、出社時間は9時半、退社時間は19時半と決まっています。
遅刻は許されません。もちろん退社時間より早く帰ることも。出社時間に遅れる・退社時間より早く退社する場合は有給が必要になります。

有給がない社員はどうすればいいのか? 安心してください、有給の前借制度が存在します。

 

サービス残業はあたりまえ

専門型裁量労働制のため、何時間働こうが協定で定めた時間になるため残業代は支払われません。
今の会社はみなし労働時間を9時間に設定している(協定ではなく勝手に言っているだけ)ため、本来は1日1時間分の残業代が支給されるはずですが、もちろん給料明細には「残業代」という項目はありません。

深夜時間帯に労働(22時~5時)については申請すれば支給されなくはないですが、上司の「俺は申請したことがない」の一言で誰も申請できていないのが現状です。
こんな上司は無視して申請すればいいだけの話ですが、承認の際に必ずこの上司を通過するため、残業代と引き換えに嫌味を言われ、さらに評価を下げるというオプションが付きますので、あまり得策ではありません。

 

残業時間は青天井

残業代が支払われない以上、残業に歯止めを掛けるものは何もありません。
唯一あるとすれば、終電が無くなってしまった後のタクシー代のみ。その為、家までの距離が長い社員は優先的に帰され、家の近い社員にしわ寄せがいきます。
中にはタクシー代を請求するときにネチネチと言われるのを嫌って、タクシー代を請求しない社員すら存在します。

 

業務範囲以外の仕事が増える

残業代が出ない以上、何時間社員を働かそうが給料は固定になります。
その為、業務範囲に全く関係のない仕事、例えば、Webデザイナーが工場の生産ラインに入るなんてことが平気でおきます。
会社の引越しも全て社員でおこないます。

何故なら何時間働かせようが人件費は固定だからです。短期的な労働力不足なら、お門違いな仕事でも今いる人間にやらせます。そして、その仕事をしたことで溢れてしまった仕事は徹夜でもなんでもさせて遂行させます。

 

まとめ

本来、正しく運用されれば労働者と使用者それぞれにメリットのある制度だと思います。
しかし、この制度を悪用しようと考える企業においては、個人としては弱い立場にある労働者には何一つメリットがありません。もちろん、この制度を正しく運用している企業も多く存在するとは思いますが、悪用している企業の方が多いのではないでしょうか。

制度を作る以上、それをしっかり取り締まる仕組みや体制をしっかりと整えて貰いたいものです。

裁量労働制を採用している企業に転職を考えている人は、実際の社員の労働状況やみなし労働時間とそれに対して与えられる仕事量/内容の確認をしっかり確認してください。

それと、労働組合がない会社は要注意です。
今の会社のように会社の人事労務部ですら経営陣(おもに社長)の言いなりなんてこともあるので。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です