減酒の誓い

もともとお酒は好きだったので週に3~4のペースで飲んでいましたが、
今の会社に入社して以来、ほぼ

起床 → 出社 → 仕事 → 昼食 → 仕事 → 夕食(大体23:30~2時の間) → 就寝

という食べて仕事して寝るだけという生活が続いており、酒でも飲んで現実逃避しないと本当に何のために生きているのか分からなくなってしまい、いつの間にか週3~4だった飲酒が、気づけば週7という状況に陥っていました。

おそらく、一年間で休肝日は10日もなかったと思います。
その休肝日もほぼ二日酔いで飲めなかったというだけのもの。。。

しかも帰宅がほぼ23時を過ぎるため、そこから風呂に入って、飲みながら夕食を食べてすぐ寝る。
時には平日にも関わらず、日ごろのストレスから今の生活が嫌になり、現実逃避で朝の3時過ぎまで家で一人で飲んで仕事に行くなんてことも多々。

そんな生活を約10年も続けていると、体に色々と良くない変化が現れてきました。

 

そもそもどれくらい飲んでいたか

もともと酒は周りの人よりは強い程度ですが、日本酒やウイスキー、ウォッカ、焼酎などのアルコール度数の高いものは苦手で、主に「ビール」「酎ハイ」「ハイボール」をメインに飲んでいました。

大体1日最低でも

  • ビール(350ml) × 1本
  • 酎ハイ or ハイボール(どちらも350ml) × 4本

アルコール度数4~6%のものを最低でも1,750mlは飲んでいたことになります。

今では、省エネといいながら酎ハイは全てアルコール度数9%のもの。
最初こそ本数を減らせていましたが、今では4本とも9%のストロング状態。。。

 

いくら使っていたか

帰宅時間にはスーパーは開いておらず、しかも7本買ったら7本とも飲んでしまうとう事があり、買い貯めしてしまうと飲む量が増えることが簡単に予想できたため、高いけど平日は全てコンビニで購入。土日は家の食材の買い出しの際に5~7本を買い物カゴにこっそり入れて、家計のお金から出して貰っていました。

そのため、平日のコンビニでの購入は全て自分の小遣いから捻出。

「月の出社日数 平均22日」 × 「酒350ml 1本 約130円」 × 「購入本数 5本」 = 14,300円

月の小遣いが35,000円(平日の晩御飯代込み)なので、その大半を酒代に使っていたことになります。

こうして考えると、毎月毎月お金がないと嘆いていた理由が明確になります。。。

 

10年飲み続けてどうなったのか

夜遅くに家に帰り、そのまま飲んだくれながら2時頃に寝て、また7時半に起きる。
こんな生活を10年近く続けた結果、

  • 体重 12kg増
  • 手足がすぐに痺れる
  • 血圧上昇(1年間で数値が10ずつ上昇し、MAX 200)
  • 尿酸値UP(痛風の一歩手前)
  • 記憶力の低下
  • 慢性的な倦怠感
  • 金欠
  • 抜け毛が増えた

という状態になってしまいました。
さらに深酒したときなどは、些細なことで嫁に必要以上にきつく当ってしまったりと、今思えば何一ついい事がないということが改めて実感できます。

嫁には本当に嫌な思いを何度かさせてしまった記憶が。
些細なことでこれでもかと言わんばかりに怒り・怒鳴り・ものを壊し。。。
冷静になった時に自分でもなぜあそこまで怒ったのかわからないという始末。
おかげで今では夫婦中にも亀裂が入った状態です。

またこれは加齢によるものかもしれませんが、記憶力も下がるし、抜け毛は増えるし、全くいい事がありません。

さらに、血圧と尿酸値は治療が必要な域にまで入ってしまい、今では治療費と薬代で月4,000円程度が必要になり、さらに金欠の状態に。

 

今までを振り返ってみて

夜な夜な1人で誰としゃべる訳でもなく、有意義にな意見交換をする訳でもなく、テレビを見ながら独り言を呟きながら飲み続けた結果が、自身の体と財布への多大なるダメージのみ。。。

ここまでくるとただのドMです。。。

このままでは年金を貰う前に力尽きてしまい、納税だけしっかりして貰うものは貰わないという超優良国民になってしまうので、今日から家飲みを辞めたいと思います。

友人との飲み会は色々と刺激になることが多いので飲む気でいますので、とりあえず家飲みは禁止にします!
会社飲み会には一切参加しません!!

飲まないと寝付けないなどの不安はありますし、どこまで続くか分かりませんが、家飲み禁止による体や生活の変化は少しずつここに書いていこうと思います。